情報を絞込む
Search

<終了しました>Moodleハンズオン・ワークショップ開催のお知らせ
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:yk | 投稿日時:2014-3-10 14:05:30

外国語教育研究センターでは授業支援e-learningシステムであるMoodleを
設置、運用しています。2014年度よりMoodleは、バージョン2.6を提供します。

バージョン2.6では、スマートフォンやタブレット端末への対応など新しい機能が
利用できます。その反面、今まで提供していたバージョン1.9からはユーザインタ
フェースが大幅に変わっていますので、慣れるまでは使いづらく感じるかもしれま
せん。

そこで、「すこしでも慣れていただく」ことを主眼に、以下のとおりハンズオン・ワーク
ショップを開催することにいたしました。 今まで1.9をお使いの方だけでなく、初心者
の方も歓迎いたします。

日 時: 2014年 3月 27 日(木)10:00〜12:15
場 所: 日吉キャンパス 第3校舎 329番教室
主 催: 外国語教育研究センター 
対 象: 慶應義塾(小中高大)の教員・職員
講 師: 柳 沢 富 夫氏
      関東学院大学理工学部映像クリエーションコース講師
      フェリス女学院大学国際交流学部国際交流学科講師
内 容: Moodle2.6の新しい機能と特徴について、コースの活動とマネジメント
申 込: 下記アドレスまでメールでお申し込み下さい。
      moodle@ml.keio.jp (@を半角に変えてください)
申込〆切: 3月26日 13:00(席に余裕がございますのでご希望の方はお問合せください)

『慶應義塾 外国語教育研究』第9号を掲載しました
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2013-3-25 16:24:00

2012年度『慶應義塾 外国語教育研究』第9号を、ホームページ上に掲載いたしました。

外国語教育研究センターのトップページから、
    「教職員の方へ」→「刊行物」→「バックナンバー 『慶應義塾 外国語教育研究』第9号(PDF)」を
ご覧ください。

CALL教室説明会開催のお知らせ(終了しました)
カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2011-7-28 9:59:03

外国語教育研究センターでは、2009年度末よりCALL教室の改修工事を行い、2010年度より新システムのCALL教室をご利用いただいております。
昨年度より、ご利用いただいている方もいらっしゃいますが、次年度以降にCALL教室の利用を検討されている方や現在LL教室をご利用いただいているみなさま、またはLL教室もCALL教室も知らないという方には、この説明会にご参加いただき、次年度以降の教室利用についての検討材料としていただきたいと思います。

★日  時:2011年9月9日(金) 午前/午後 1日2回
      午前の部:10:00〜11:30  午後の部:13:30〜15:00
★会  場:日吉キャンパス 第3校舎 325教室
★対象者:慶應義塾大学で外国語の授業をご担当の教員
※ 慶應義塾で授業をお持ちでない方、一般の方はご参加いただけません。
★申込先:外国語教育研究センター(CALL教室担当)まで
      ・E-mail:flang-alc@ml.keio.jpCALL担当宛にE-mailでご連絡ください。
      ・メール本文に、お名前・ご所属・【午前/午後】どちらへの参加希望かを
      ご記入ください。
★〆  切:2011年9月7日までにご連絡ください。
★持ち物:参加される方は、当日USBメモリーフラッシュをご持参ください。
※ 当日の資料は、全てデータでのお渡しとなりますので、忘れずにお持ちください。


※ 説明会当日の内容については、以下の“CALL説明会のご案内はこちら”を
  クリックしダウンロードしてください
※ 9月13日(火)には、現在CALL教室をご利用の方を中心にWorkshopを
  開催いたします。興味のある方は、CALL担当までご連絡ください。


  • “CALL説明会のご案内はこちら”


  • “CALL説明会のチラシはこちら”


  • 『慶應義塾 外国語教育研究』第7号 原稿募集開始 【2010年10月15日必着】
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ho | 投稿日時:2010-7-30 8:33:17

    2010年度当センター『慶應義塾 外国語教育研究』第7号の原稿を下記の要領で
    募集いたします。「投稿規定」をご参照の上、奮ってご応募ください。
    たくさんのご応募をお待ちしております。

    1.投稿資格:原則として塾内の教員・職員・研究員(常勤・非常勤を問わない)。
            共同執筆者についてはこれ以外の者も可とするが、その場合も
            投稿筆頭者は原則として塾内の教員・職員・研究員(常勤・非常勤
            を問わない)とする。
    2.募集原稿:テーマが言語教育あるいはそれに深く関係する研究論文、
                     調査・実践報告、研究ノート。未発表のものに限る。
    3.使用言語:特に定めない。
    4.原稿枚数:投稿規定参照。
    5.採      録:査読を行なったうえで決定する。
    6.採録論文の公開:『慶應義塾 外国語教育研究』の投稿規定 10.論文の公開に従う。
    7.応募締切:2010年10月15日(金)必着
    8.原稿提出先:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
                         外国語教育研究センター三田支部 『慶應義塾 外国語教育研究』担当
    9.問合せ先:(電   話)03-5427-1601 内線22301
                     (電子メール)flang-kiyo[atマーク]adst.keio.ac.jp

    以下、ダウンロードが可能です。
    *『慶應義塾 外国語教育研究』投稿規定 (PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』募集要項 (PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』応募用紙 (Word)
    * Regulations for Contributions to the Journal of Foreign Language Education (PDF)

    これまで発行されたものが閲覧可能です。
    *『慶應義塾 外国語教育研究』創刊号(PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』第2号(PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』第3号(PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』第4号(PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』第5号(PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』第6号(PDF)

    外国語教育研究関連の情報配信サービスのご案内
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-6-18 10:38:37

     外国語教育研究センターでは、主催するイベント情報、また他の研究機関主催の関連イベントなどの情報をホームページでのご案内とあわせて、メーリングリストでも配信しております。
     登録を希望される方は、氏名、所属、登録希望アドレスを明記の上、aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jpまでご連絡ください。
     また、ご質問等ございましたら、上記のアドレスまでお願いいたします。配信をご希望の情報につきましても対応いたします。
     どうぞよろしくお願いいたします。

    《複言語のすすめ》パンフレットのご案内
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-6-12 15:54:49

     「行動中心複言語学習(AOP)プロジェクト」では、初習外国語の導入授業などに活用いただけるパンフレット「複言語のすすめ」を制作しました。異なる言語・文化への関心を高めることで、学生の学習意欲、学習成果を高めることをねらいとしています。

     本プロジェクトは、外国語教育研究センターが文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業の助成を受けて取り組んでいる研究事業です。『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠(CEFR)』で提唱されている複言語主義・複文化主義を日本の言語教育に即して応用し、理念に終わることなく、具体的な成果を生み出すことをめざしています。

     今後の研究、教育活動に生かすため、ぜひともパンフレットを実際に授業で配布、ご使用いただき、フィードバックをお寄せいただけましたら幸いです。

     詳しくはこちらをご覧ください。



     AOPプロジェクトウェブサイト

    『慶應義塾 外国語教育研究』第6号 原稿募集開始 【2009年9月末日必着】
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-6-1 13:54:28

    2009年度当センター『慶應義塾 外国語教育研究』第6号の原稿を下記の要領で
    募集いたします。「投稿規定」をご参照の上、奮ってご応募ください。
    たくさんのご応募をお待ちしております。

    1.投稿資格:投稿筆頭者は原則として塾内の教員・職員・研究員(常勤・非常勤を問わない)
    2.募集原稿:テーマが言語教育あるいはそれに深く関係する研究論文、
      調査・実践報告、研究ノート。未発表のものに限る。
    3.使用言語:特に定めない。
    4.原稿枚数:投稿規定参照。
    5.採録:  査読を行なったうえで決定する。
    6.採録論文の公開:『慶應義塾 外国語教育研究』の投稿規定 10.論文の公開に従う。
    7.応募締切:2009年9月末日必着
    8.原稿提出先:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
      外国語教育研究センター三田支部
      『慶應義塾 外国語教育研究』担当
    9.問合せ先:電話 03-5427-1601 内線22301
      電子メールflang-kiyo[atマーク]adst.keio.ac.jp

    以下、ダウンロードが可能です。

    *『慶應義塾 外国語教育研究』投稿規定 (PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』募集要項 (PDF)
    *『慶應義塾 外国語教育研究』応募用紙 (Word)
    * Regulations for Contributions to the Journal of Foreign Language Education (PDF)

    ことばの「学び」を育てるプロジェクト, PG3【Mac】& PG4【Podcast】第1回ワークショップ(終了しました)
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-5-26 17:48:51

    来る6月6日(土)および27日(土)に ことばの「学び」を育てるプロジェクト内で活動する、Project Group3【Mac】とProject Group4【Podcast】の第1回合同ワークショップを開催いたします。

    主催:外国語教育研究センター 学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    ことばの「学び」を育てるプロジェクトのご案内ページへ

    日時:6月6日(土)および27日(土)13:30〜18:30
    #上記日程は、同内容を予定しています。どちらか一方にご参加ください。
    #6日にご参加の結果、27日にもご希望でしたら、お申し出ください。
    #参加希望多数の場合、調整を行う可能性があります。

    場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3

    対象者:次のいずれかの条件を満たす方は是非この機会にお集まりください。
    ・ Mac、iPod、Podcastのいずれかを活用した学習活動に関心のある方
    ・ Mac使用者または職場でのMacの利用が可能な方
    (第1回に限り、主催側で数台準備いたします。)

    #iPodをお持ちの方は、ご持参ください。また作業補助の学生なども是非お連れください。

    内容:
    1. Mac超初心者向けハンズオン 13:30〜15:30
    2. 外国語教育におけるMac/Podcast活用事例紹介 15:30〜16:30
    3. ティータイム 16:30〜17:00
    4. iTunes、iPod、Podcast利用の基本 17:00〜18:30

    申込方法:
    下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレスをご連絡下さい。
     aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵)

    #なお、今後この種の活動の案内を希望される方も、上記アドレスにご連絡ください。メーリングリストを作成いたします。
    #ご質問等もお寄せください。

    コーディネーター:倉舘健一(外国語教育研究センター専任講師)
    濱野英巳(同研究員)岡野恵(同研究員)



    ちらしのダウンロード(PDF)



    「ことばの学びを育てる」プロジェクト Project Group1第1回対面ワークショップ【4/18(土)】(終了しました)
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-4-15 12:31:49

     来る4月18日(土)、「ことばの学びを育てる」プロジェクト Project Group1第1回対面ワークショップを開催いたします。

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:4月18日(土)15:00〜17:00
    場所:日吉キャンパス第三校舎外国語ラウンジ
    コーディネーター:倉舘健一(外国語教育研究センター専任講師)、濱野英巳(同研究員)、岡野恵(同研究員)
    対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
    (今回のみ、今学期の授業においてMoodleを実際に活用する意向の方を特に対象とします。)

    申込方法
     下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレスをご連絡下さい。
     aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵)

     前回3月の「教職員対象ワークショップ」におきまして、Moodleに資料等を格納する基本操作についてのワークショップのご要望を頂きました。そこで、今回は実際に今学期授業と平行してMoodleを運用してみようという方を対象にしたワークショップを開催します。またこのような趣旨でのワークショップではありますが、この機会にMoodle及び当ワークショップにご興味をお持ちの方にもご参加いただけます。ワークショップ運営上、事前にアンケートをお願いする予定ですが、ご協力をお願いいたします。時間に関しましては、若干の延長の可能性もあることをご了承ください。また、ご自身のPCをご持参できる方はなるべくお持ちください。

     今回のワークショップはこれまでの6回のワークショップの活動のまとめとしての位置づけもあります。前回のワークショップにおいて今後のワークショップの運営方法を検討する機会を得ました。それを参考にさせて頂き、さらに皆様のご意見を伺いながら、今年度これからのワークショップを展開して参りたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第6回【3/7(土)】(終了しました)
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-3-4 10:19:37

    来る3月7日(土)、教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」の6回目のワークショップを開催します。

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:3月7日(土)15:00〜18:00
    (基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
    場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
    コーディネーター:倉舘健一(外国語教育研究センター専任講師)、濱野英巳(同研究員)、岡野恵(同研究員)
    対象者:外国語の授業でのICTの活用に興味のある教職員
        (今回のみ、当ワークショップに参加されたことのある方に限らせていただきます。)
    申込方法:下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレスをご連絡下さい。
    aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp (担当:岡野恵)

     これまで五回にわたり、外国語の授業におけるMoodleの効果的な利用方法、また、映像の利用について取り上げて参りましたが、今回は年度末ということもありますので、これまでのワークショップの内容を振り返ると共に、来年度からの運営方法を探って参りたいと思います。この総括の機会を設けることで、新たな基盤作りに繋げることができればと考えております。
     そこで、今回のワークショップでは、これまでのご参加いただいた先生方にお集まりいただき、これまでに行ったアンケートの集計結果を分析すると共に、後期の授業の中でのMoodle利用、映像利用の実態調査を行い、それをもとにしたディスカッションを中心に構成できればと考えております。あわせて、以前より要望のありましたMoodleのためのQ&A作成もご一緒に進められればと考えております。
     今回のワークショップでは事前のアンケート調査をお願いしております。今後のより良いワークショップ運営のためにも、ご協力をお願いすると共に、ぜひ忌憚のないご意見を頂戴し、ご参加いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

    前半(15:00〜16:20):ワークショップの内容を振り返る
    ・アンケート集計結果の分析について
    ・Moodle利用の実態について
    ・動画利用の実態について
    ・ディスカッション
    ・発表

    (休憩10分程度)

    後半(16:30〜18:00):これからのワークショップの運営方法をさぐる
    ・これまでのワークショップの反省点
    ・ワークショップ改善のためのグループワーク
    ・発表
    ・ディスカッション

    教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第5回【2/7(土)】(終了しました)
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2009-1-23 17:10:28

     来る2月7日(土)「外国語の授業におけるICTの活用」プログラムの第5回ワークショップを開催いたします。

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:2月7日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
    場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
    対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
    定員:第一部、第二部共に先着20名まで

    申込方法
    下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・PCの持参(可/不可)についてご連絡下さい。
     aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵)

    ※ なお当日は、ご用意できるPCの数に限りがあります。また、新しいソフトウェアやサービスの紹介・提供、また参加者の先生方が実際にご利用されている(あるいは予定の)デジタル教材・素材などを利用して、実際の授業に即した形でのワークショップを行わせていただきますので、できるだけPCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。また、ワークショップは各回が独立した構成になっております。前回までご参加されていない方も、ぜひこの機会にご参加ください。

    プログラム:
    第一部(15:00〜16:20)
    「映像」を外国語の授業に活用するには?(2)〜無料映像編集ソフトPartage(パルタージュ)を活用する〜
    (講師:岡野恵、五十嵐玲美、谷内正裕)
     前回は外国語学習のリソースとしてニーズの高い映画やニュースなどの映像リソースの利用方法を取り上げましたが、引き続き、外国語の授業で映像を扱う可能性を探ります。今回は、映像を利用するための「技術」ではなく、映像を活用した授業の「運営方法」を扱います。従来の映像利用では、特定の環境(コンピュータ、OS、ソフトウェア)に依存し、また、ある程度の専門知識やスキルが必要とされました。今回ご紹介するPartage(パルタージュ)は、外国語教育研究センターRA谷内さんが開発している映像編集・管理システムで、全くの初心者や児童でも直感的な操作が可能なことから、技術的なハードルを越えることなく授業での映像利用が可能になります。外国語教育研究センター研究員、研究補助員による模擬授業に参加し、体験していただくことで、映像を授業で活用する新たな可能性を探ると共に、参加者間の議論を深められればと思います。

    ・模擬授業:外国語の授業でのパルタージュの活用
    ・従来の映像利用の問題点
    ・映像編集ソフト、パルタージュの紹介
    ・質疑応答



    第二部(16:30〜18:00)
    外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育(5)〜Appleによる教育への取り組み(1)スライドショーの作成〜
    (講師:益田玲子氏(Apple Japan)、倉舘健一、濱野英巳)
     前回は、映像編集の心得の無い方々でも簡単に編集作業が行える iMovieの操作方法を扱い、映像リソースに独自の編集を加えることで、さらに大きな効果を与える方法を扱いました。今回はさらに一歩進み、第一部から引き続き、実際の授業運営に焦点を当てたワークショップを行います。今回からご登場いただく益田氏は、長く小中学校の教員を対象としたワークショップに携わって来られた方です。その経験を活かして、最新の技術を使いながら、具体的にどのような手順で授業運営を行うのかについて、ハンズオンを行っていただきます。
     なお今回、第二部に参加ご希望の方には簡単な事前の準備をお願いしております。各自のお好きなテーマでデジタル写真を十枚程度、メモリスティックなどにご用意下さい。また、添付のチェックシートを印刷し、ご記入の上、当日お持ちいただきますようよろしくお願い申し上げます。(チェックシートは後日掲載いたします。)

    ・授業で映像編集を扱う際の準備
    ・構成シート記入
    ・編集方法の説明の仕方
    ・作品発表会の実施
    ・質疑応答

    教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第4回【12/6(土)】
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-11-14 19:50:00

     来る12月6日(土)「外国語の授業におけるICTの活用」プログラムの第4回ワークショップを開催いたします。MoodleやWeb教材、マルチメディアの利用にご関心をお持ちの教職員の方々のご参加をお待ちしています。また、前回までご参加されていない方も、どうぞこの機会にご参加ください。

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:12月6日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
    場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
    対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
    定員:第一部、第二部共に先着20名まで

    申込方法
    下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・PCの持参(可/不可)についてご連絡下さい。
     aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵)

    プログラム:
    第一部(15:00~16:20)
    「映画」を外国語の授業に活用するには? (講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)
     今回は外国語学習のリソースとして大変ニーズの高い映画やニュースなどの映像リソースの利用を取り上げます。第一部では、前回までの「Moodleの利用方法」から一歩進み、DVD/VHSなどの市販されているパッケージ・メディア、またインターネット上の映画やニュースなどのリソースにはどのようなものがあるのかを概観し、これらを授業で活用する方法を考え、Moodleとの連携の方法について取り上げます。
    ・DVD/VHSなどのパッケージ・メディアの活用
    ・インターネットリソースの活用
    ・映像リソースとMoodleとの連携
    ・外国語の授業での活用事例
    ・質疑応答

    第二部(16:30~18:00)
    外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育(4) (講師:徳永健一氏(Apple Japan)、パトリス・ルロワ、濱野英巳、倉舘健一)
     映像リソースは、そのまま利用するのではなく、独自の編集を加えることで、さらに大きな効果を与えることができます。そこで、第二部では、映像編集の心得の無い方々でも簡単に編集作業が行える、映像編集ソフトiMovieの操作方法を扱います。これを用いた教材制作、授業での活用方法などを考えていきます。また映像に関連した技術的な質問や操作方法についてもご案内したいと思います。
    ・iMovieの基本操作
    ・効果的な編集とは?
    ・様々なファイル形式への書き出し方法
    ・質疑応答

    ※ワークショップで使用するMoodleのサイトはこちら
     ワークショップのページに進み、「ゲストとしてログインする」を
     クリックすると、ご参照いただけます。

     なお当日は、ご用意できるPCの数に限りがあります。また、新しいソフトウェアやサービスの紹介・提供、また参加者の先生方が実際にご利用されている(あるいは予定の)デジタル教材・素材などを利用して、実際の授業に即した形でのワークショップを行わせていただきますので、できるだけPCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

    教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第3回【11/1(土)】
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-10-28 14:04:00

     来る11月1日(土)、「外国語の授業におけるICTの活用」プログラム(全13回)の第3回ワークショップを開催いたします。MoodleやWeb教材、マルチメディアの利用にご関心をお持ちの教職員の方々のご参加をお待ちしています。また、前回までご参加されていない方も、どうぞこの機会にご参加ください。

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:11月1日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
    場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
    対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
    定員:第一部、第二部共に先着20名まで

    申込方法
    下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・PCの持参(可/不可)についてご連絡下さい。
     aop-info@adst.keio.ac.jp(担当:岡野恵) ※全角@を半角に変えてください。

    プログラム:
    第一部(15:00~16:20)
    Moodleワークショップ(3) 〜Moodle利用の問題点、解決方法を探る〜(講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)
    第二部(16:30~18:00)
    外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育(3)(講師:徳永健一氏(Apple Japan)、パトリス・ルロワ、濱野英巳、倉舘健一)

    ※プログラムの詳細については、こちらをダウンロードしてください。(Word)

     なお当日は、ご用意できるPCの数に限りがあります。また、新しいソフトウェアやサービスの紹介・提供、また参加者の先生方が実際にご利用されている(あるいは予定の)デジタル教材・素材などを利用して、実際の授業に即した形でのワークショップを行わせていただきますので、できるだけPCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

    教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第2回【10/4(土)】
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-9-30 19:02:00



    外国語教育研究センター 教職員対象ワークショップ
    「外国語の授業におけるICTの活用」プログラム
    第2回(全13回)

     来る10月4日(土)、「外国語の授業におけるICTの活用」プログラムの第2回ワークショップを開催いたします。第一部では、前回に引き続きMoodleを扱い、リソース・活動のより効果的な設定方法について考えます。また、無料のWeb教材作成ソフトHotPotatoesの利用と、Moodleとの連携についても扱う予定です。

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:10月4日(土)15:00〜18:00(基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
    場所:日吉キャンパス第三校舎アトリエ3
    対象者:外国語の授業でのICT技術の活用に興味のある教職員
    定員:第一部、第二部共に先着30名まで
    申込方法:下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)をご連絡下さい。
     aop-info@adst.keio.ac.jp (担当:岡野恵) ※全角@を半角に変えてください。

    ※ なお、当日のワークショップでは、ご用意できるPCの数に限りがありますので、PCをご持参の上、参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

    プログラム:
    15:00~16:20
    第一部:Moodleワークショップ(2) 〜効果的な活動の設定方法〜[仮題]
    (講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)
    ・慶應義塾内におけるMoodle利用ガイドラインについて(2)
    ・リソースの使い分け
    ・効果的な活動の設定方法
    ・HotPotatoesの利用
    ・HotPotatoesとは?
    ・HotPotatoesのダウンロードとインストール
    ・MoodleとHotPotatoesとの連携
    ・質疑応答

    (休憩10分程度)

    16:30~18:00
    第二部:Keynoteの使い方[仮題]
    (講師:徳永健一氏(Apple Japan)、濱野英巳,倉舘健一)
    ・Keynote(プレゼンソフト)を利用した魅力的な授業
    ・ハンズオン:Keynoteの使い方
    ・Keynoteの作成、利用例
    ・質疑応答

    教職員対象ワークショップ「外国語の授業におけるICTの活用」第1回のご案内【8/2(土)】
    カテゴリー:教員向け情報 | 投稿者:ゲスト | 投稿日時:2008-7-26 12:11:59

    ■本ワークショップ(全13回)第2回以降のご案内は、追って掲載いたします■

    外国語教育研究センター
    教職員対象ワークショップ
    「外国語の授業におけるICTの活用」プログラム
    第1回(全13回)

    主催:外国語教育研究センター・学術フロンティア「行動中心複言語学習プロジェクト」
    日時:2008年8月2日(土)15:00〜18:00
    (10月より基本的に毎月第一土曜日15:00〜18:00に開催予定)
    場所:日吉キャンパス第三校舎3F アトリエ3
    対象者:塾内教職員全員
    定員:第一部、第二部共に先着30名まで
    申込方法:下記メールアドレスまで、所属・氏名・メールアドレス・参加を希望されるワークショップ(第一部/第二部/両方)・持ち込みPCあり・なし、をご連絡ください。
    aop-info[atマーク]adst.keio.ac.jp (担当:岡野恵)

    ※ なお、当日はなるべくラップトップPCをご持参ください。よろしくお願いいたします。4台程度は貸し出すことが可能です。

    15:00〜16:20
    第一部:Moodleワークショップ 〜学習コミュニティの形成〜[仮題]
    (講師:倉舘健一、岡野恵、濱野英巳)

    - なぜ外国語教育でMoodleを利用するのか?

    - 授業内・外での利用例から機能を紹介
    - ハンズオン、Moodle上の模擬クラスの運営
       - フォーラムを用いた自己紹介+コメントの記入
       - 教師と学生のロールの切り替え
       - アンケートへの参加

    - 塾内におけるMoodle利用ガイドラインについて

    - 質疑応答

    (休憩10分程度)


    16:30〜18:00
    第二部:外国語教育 meets Mac & Mac meets 外国語教育
    (講師:徳永健一氏(Apple Japan)、濱野英巳,パトリス・ルロワ, 倉舘健一)


    Time Table

    16:30〜16:45 Introduction 
    16:45〜17:15 Explanation of Mac OS
    17:15〜17:45 Explanation of Apple Software ( KeyNote , iChat)
    17:45〜18:00  Case Study (Leroy from Keio SFC)

    Agenda

    Explanation of Mac OS:インターフェース、主な機能の紹介。(デモ実施)
    Explanation of Apple Software: KeyNote , iChat, についての機能紹介。(デモ実施)また、外国語教育センターの考える教育への活用方法を説明。
    Case Study:実際にSFCで行なわれているPodCastの展開についての紹介。
    質疑応答

    以上

    « 1 (2) 3 »